経営の目的とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
経営の目的とは

集客・売上アップのキモ【20】経営の目的とは

今回は経営の目的に関しての記事になります。

通常の業務で忙しくされている中、経営の目的とはなんだろうかなんて、なかなか考える機会はないと思います。

自社・自店の

  • 売上をどのように上げるか
  • どのように集客するか
  • 組織マネジメントはどうするか
  • 求人はどうするか

などなど

は考えることは多々あると思われますが、学問的に経営とは何かなんて考えることは優先順位は低いと思います。

ですが、この経営の目的とはなにかを理解することにより、非常にシンプルにやるべきことが明確になるので必ず理解しておきたい項目です。

経営の目的とは

私たちが教科書なので学んできたのは、経営とは利潤の追求であると教えられてきました。

利潤と利益は同じような概念ですので、今回は利益という用語を使わせていただきます。

会社・お店を経営するうえで、当然ですが、この利益がないと経営はできません。

経営を車で例えますと、利益はガソリンに相当します。

このガソリン(利益)がないと車(経営)は前に進むことはできませんよね。

そして、ガソリン(利益)を満タンにするだけでは意味がなく、車(経営)でどこに行くのかが大事になってきます。

経営においては、利益というのは単にガソリンを満タンにするだけで、ガソリン(利益)を使って、どこに行くかが大事になります。

このどこに行くのかに該当するのが、顧客の創造と顧客価値の提供に当たります。

会社・お店が対象にするのは、当然お客さまです。

お客さまからお金を頂くことによって利益がえられます。

従いまして、まずはお客様を創造しなくてはならないということになるわけです。

ターゲットとするお客様はだれなのかということをまずは、考えなければなりません。

ですから、顧客創造ということが経営を行う上で重要なポイントになってきます。

新しいお客様に商品やサービスを購入していただいたとしても、継続的に商品・サービスを購入していただかなければなりません

そのためには、価値のあるものを提供していかなければならないわけです。

そのため、顧客価値の提供ということが非常に大きくなってきます。

経営というのは顧客価値の提供を通じて社会に貢献する

これが経営だと思います。

その結果として利益が得られます。

そしてその利益が次の顧客の創造、次の顧客価値の提供ということに結びついていくわけです。

経営の目的の実質的な中身は

顧客創造と顧客価値の提供の2つになります。

この2つのことをしていくためには顧客満足度を高める活動が必要になってきます。

ですから、この顧客満足度をいかに提供していくのかということが大事になってきます。

顧客を創造するにしても、顧客満足度が高くないとお客様を作り出すことはできません。

そもそも顧客満足度とは何なのかが次に問題になってきます。

経営の目的は顧客満足度を高めること

顧客満足度とは顧客価値がら価格を引いたものと定義することができます。

例えばランチを食べにいくとします。

その時のランチ代は1000円だったとします。

とてもおいしく2000円の価値があると感じたとします。

2000円から1000円を引くと1000円ですので、1000円の満足度があったことになります。

そうすると、また行こうかということになります。

また、あまりおいしくなく300円の価値しかないと考えた場合は

300円に対して1000円を払っていますので、700円損した気持ちになるのです。

そうすると、もう二度と行かないということになるわけです。

経営というのは基本的にはにはリピーターによって成立するところがあります。

一見さんだけでは経営は非常に難しいわけです。

いかにして、もう一度来ていただけるか、もう一度購入していただけるかが大事になってきます。

そのためには顧客満足度を高めていくということがポイントになります。

さらに、価格部分をもう少し分解してみますと、費用部分と利益部分に分けることができます。

ですから顧客満足度=顧客価値から費用と利益を引いたものと考えることができます。

顧客満足度を高めるためには何が必要かと申しますと顧客価値をさらに高める。もしくは費用を抑えるということになります。

利益というのはガソリンみたいなもので、なくなってしまうと困りますので、できれば確保したい。

あるいは、もうすこし利益を高めたいと思うと価格をあげるということになります。

そうすると顧客満足度は下がるということになります。

それを避けるためには、利益をあげたいのであれば、それ以上に顧客価値を高めるか、あるいは費用を抑えるかをしなくてはなりません。

経営の目的を達成するためには必要なことになります。

つまり経営の目的である顧客満足度を高めるためには、この2つの方向性が考えられるわけです。

まとめ

経営の目的とは顧客満足度を高めることである。

顧客満足度を高めるためには、2つの方向性がある。

  1. 顧客価値を高める
  2. 費用を削減する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*