客数を増やして売上アップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
売上アップの方法 客数を増やす

集客・売上アップのキモ【12】

売上アップの方法【1】客数を増やして売上アップ

売上を上げる方法の

客数×客単価×購入頻度のうち、今回は客数を増やすことに関してご説明したいと思います。

客数は2つの要素に分解されます

売上を上げる方法はこちら

客数というのはさらに、新規客既存客に分解できます。

この客数を分解することで、さらに、打つ手が明確になると思います。

新規客を増やす

新規客を増やすためには、露出を増やすことです。

つまり、あなたの会社・お店の商品・サービスを目にする回数を増やすことです。

ちなみに、新規客を獲得するには、既存客を呼ぶよりも8倍のコストかかると言われています。

コストだけではなく、手間も時間もかかります。

しかも、リスクも高いですよね。

ですが、売上を上げようとすると、なぜか、みなさん、新規客の獲得に目が行きます。

会社・お店のステージにもよると思いますので、しっかり、目標の売上を達成するために、新規客は何人必要なのかをしっかり調べましょう。

新規客を増やすための施策は、有料で行うもの、無料でできること、打ち手はたくさんあります。

そして、オンライン(WEB)で行う集客施策、オフラインで行う集客施策にも分けて考えましょう。

例えば、オンラインでは

独自ドメインのサイトでSEO対策を施したり、PPC広告を打ったり、ポータルサイトに登録したり、SNSを使うなどありますよね。

オフラインでは、

オフラインでは、店頭演出、紹介依頼、クーポン誌、チラシなどこちらも多々ありますよね。

是非、自社・自店で、やれることを考えてみましょう。

既存客を増やす

この既存客を増やすことは、購買頻度を上げるということにも関係してくるので、あなたの会社・お店で、しっかり定義をしてみてください。

一番わかりやすいのは、休眠客と定義することがいいと思います。

既存客が来店しない理由は、単純に忘れているからという理由がほとんどです。

ですので、忘れられないための努力は、必ずしましょう。

新規客に比べるといかに、既存客に施策を打ったほうが簡単でかつ、獲得コストもそこまでかからないですよね。

まずは、来店されていない既存客のリストをしっかりリストアップしましょう。

本当にお客さまのリストは大事ですよね。

メールを送ったり、DMを出したりと様々な打ち手があります。

こちらも自社・自店でできることをしっかり考えてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*