差別化してライバルに勝つ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
差別化えライバルに勝つ方法

集客・売上アップのキモ【8】差別化してライバルに勝つ方法

ライバルと差別化したコンセプトを作るための方法

差別化コンセプトとは、USP(独自のウリ・強み)とポジショニングを足した意味あいで使っています。

売上アップ・集客アップを図るためには、必ず、差別化されたコンセプトが必要になってきます。

差別化でライバルに勝つ条件は1つだけです

 

それは「〇〇の分野では自分がナンバーワンです。」

とはっきり言える業界の市場の中にある領域を見つけだす必要があります。

たとえ、ニッチな分野でもお客さまさえいれば、ビジネスは成り立ちます。

よく言われることは、実績とか強みもないし、私には無理と悩む方が多くいます。

確かに、見つけ出すことは簡単ではありませんが、必ずその領域はあります。

ですので、見つけ方さえわかれば、簡単にその領域を見つけることができます。

差別化してライバルに勝つ方法

差別化し簡単にニッチな分野でナンバーワンを取る方法

まず、あなたの業界の中のニッチな領域を探します。

決して、業界の王道の方向には進まないようにしてください。

自分で勝手に業界内の小さな山を想定し、その小さな山でナンバーワンになればいいのです。

自分の強み、過去の実績をしっかり振り返えれば、だれでも必ず見つかります。

理論としてはこのような感じです。

差別化でナンバーワンになる7つのメリット

1.あなたしかいないから、囲い込みが出来ている状態になります。

2.あなたしかいないから、成約が簡単になります。

3.高単価での成約も可能になります。

4.コアなお客様がどんどん紹介してくれるようにもなります。

6.小さな市場でナンバーワンになれば、コアなお客様が自然と口コミしてくれて、市場が広がる。

7.そして、その業界、他業界から声がかかり、ジョイントベンチャー等でき、新たなリストが集まります。

差別化を図る3つのステップ

1.WEBで、売れる業界の市場を探し、選ぶ

市場をつくるのではなく、選ぶということに注目してください。

ゼロがらではなく、今ある市場から選ぶわけですから簡単です。

具体的には、グーグルのキーワードツールなどで、月間キーワード検索数を調べます。

検索する人がいるということは、そのキーワードにニーズやウォンツがあるということになります。

月間検索数が一万くらいの検索数があるかどうかみてください。

多くても3万以内で選んでください。

競合性は高いほうがいいです。

その分ニーズがあるということになるからです。

又、PPC広告の出稿量をみます。

そのキーワードで広告がでているかを調べます。

広告が出ているということは、そのキーワードにお金を払っても広告をだしたい、つまり、お客さまがいるということになります。

ここで、注意が必要なのが、検索数が多くても、広告が出ていなければ、売れないということになります。

2.選んだ市場を絞る

そして、選んだ市場から、市場を絞ります。

絞れば絞るほど、ライバルが少なくなるからです。

ただし、絞りすぎるとお客さまがいなくなりますので注意が必要です。

市場がないところでナンバーワンになっても売上はあがりません。

適切な絞り具合は、ライバルが5人くらいいるような状況です。

そこには、お金を払う人がいるということです。

あとは、そのライバルに勝てばいいだけです。

3.絞った市場のライバルの弱みを突く

ライバルの隙間を見つける方法は、その業界でよく聞く、お客様の不満や愚痴です。

自分の強みから生まれるベネフィットをその隙間にぶつけることで、勝つことができます。

ライバルのすきまとは できていないこと、やっていないことです。

お客さまが欲しているのにライバルがやっていないことを見つけましょう。

山口県・福岡県の小さな会社・お店で売上アップ、集客アップしたい経営者はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*