売上の上がるホームページは1ページ1ゴール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
売上の上がるホームページ

売上・集客アップのキモ【6】売上の上がるホームページは1ページ1ゴール

売上が上がっているホームページは、お客さんが買いたくなる・申込みしたくなる仕組みが散りばめられています。

どういうことかと申しますと、お客様からみて非常にわかりやすいページになっているということです。

これに尽きます。

買ってもらいたい・問い合わせをしてもらいたい商品・サービスに関して、小学生でも理解できる、わかりやすい文章で書かれていますか?

文章だけではなく、写真・動画なども使うのも一つの手です。

そして、お客様にとってもらいたい行動が明確に伝えられていますか?

ページに来ていただいたお客様に、どのような行動をとってもらいたいのかをしっかり伝えていますか?

商品・サービスを購入してもらいたい。
資料を請求をしてもらいたい。
メールマガジンを登録してもらいたい。
などなど。

つまり、お客様目線にたったホームページになっていることが重要なのです。

お客様目線にたったホームページの重要性

一つの例として、ホームページの訪問者のクリック数に関してお伝えしたいと思います。

あなたのホームページに訪れてくれた時に、クリックをしてくれる回数は何回くらいだと思いますか?

実は、3クリック程度しかありません。

そのため、お客さんが目的としているページにトップページから2クリック、多くても3クリック以内にたどり付かなければ、そのホームページから離れていってしまいます。

しかも、1クリックごとにお客さんの購買意欲はどんどん下がっていきます。

アマゾンや楽天が1クリックで購入できるようにしていますが、こういった理由を知っているからなんですね。

売れるホームページにするためには、極力クリック数を少なくすることが大切です。

成約率の高いホームページは1ページ1ゴール

かなり以前より、縦に長いページで商品・サービスを売ったり、資料請求をしてもらうためのページをよく目にしていると思います。

巷ではランディングページと呼ばれています。

ランディングページが成約率を高めるために効果的なのは、1ページ1ゴールになっているからです。

例えば、商品が売れるまでに必要な情報としては、
・商品説明
・実績
・価格
・お客様の声
・保証
などがありますが、

これらをまとめて縦長の1ページにするのです。

そして、そのページにあるボタンはページの一番下にある「購入する」のボタンのみ。

これが1ページ1ゴールです。

無駄なページヘのリンクをすべてなくして、1ページ1ゴールにするだけでも成約率はアップします。

縦に長いと読みづらくありませんか?と気にされる方もいますが、そんなことは全くありません。

いろんなページに飛ばされて情報を拾うよりはよっぽどストレスなく見てもらうことができます。

あなたも、縦長のページを読み進めていって、気がついたら購入していた。なんてことがあるのではないでしょうか。

読み手は、こちらが思っているよりも気にしないものです。

成約率の高いホームページにするためには、1ページ、1ゴールにして、お客様の目線にたった、わかりやすいシンプルなページにしましょう。

山口県・福岡県の集客アップ・売上アップしたい経営者へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*